DJとは

DJとは、おもにダンスホールやディスコ、クラブ、野外ライブなどで、レコードや、CD、近頃はPCを使用したMP3などの音声ファイルフォーマットで、場の雰囲気から楽曲を選曲し、ミキサーを使って曲を切れ目なくかける者のことです。

ラジオの司会者、パーソナリティもDJと呼ばれますが、ここではおもに「ミュージシャン」として、音楽に関わるDJについて紹介していきます。

DJは、音楽の選曲のほか、ミックス、スクラッチなどのパフォーマンスを行います。

ミックスは、現在再生している曲と次に再生する曲をスムーズにつなぎ、音の切れ目をなくすことです。

これは、ダンスフロアやディスコ、クラブなどで、フロアのテンションが下がらないようにするために生まれた工夫です。
ミックスの技法はDJごとに個性があります。

また、ピッチ(回転数)を変速できるターンテーブル(レコードプレーヤー)やCDJ、PCを使用した演奏方法もあります。

DJの技法の一つであるスクラッチとは「塩化ビニールのレコードをダイヤモンドの針で引っ掻くことによって発生する音、あるいはその音による演奏法です。

近年では、デジタル音楽ダウンロードサイトや、CD-R、高速インターネットの普及により、CDJ(CDターンテーブル)を用いるDJも増えてきています。
またPCとソフトウェア、MP3等の音声ファイルフォーマットを利用して、PCのみでのDJプレイも可能になっており、アナログ時代には考えられなかったプレイを、簡単かつスピーディーに、低コストで行う事が可能になりました。

日本ではクラブDJとディスコDJを分ける人も多いのですが、実際には厳密な違いはありません。
日本では風営法の関係で「クラブ」と「ディスコ」を区別していますが、他の国ではクラブとディスコは特に区別されていません。現在クラブDJとして活躍している中堅以上のDJやミュージシャン、アーティストは、ディスコDJ出身者が多いのです。

DJはクラブなどのブースで音楽をかけ、空間全体を盛り上げるのが仕事です。
曲と曲のつなぎをうまくこなすためにのテクニックを必要とするほか、選曲のセンス、様々な楽曲の知識が必要となります。
第一に、雰囲気を盛り上げるのが目的ですので、その場の状況を的確に判断し「今どんな曲をかければみんなが喜ぶか」を考えられなくてはなりません。
常にサービス精神が大切になってきます。

リサイクルショップを板橋区でお探しなら
着物などの婦人服、紳士服などの衣類全般、ブランド衣類も多数を取り揃えています。
ホームページ 製作
ホームページの制作、SEOの対策で選ぶなら製作会社はうちに。
資格
資格の試験に関する情報を皆様にご提供いたします。